忍者ブログ
名も無き言葉たち 散文 ボツコーナー 掃き溜め場 本家はこちらhttp://poemoon.seesaa.net/
[172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162
熱量で気温が一日だけ上がり
後日敷き詰められて雪が降った
夢が覚めなければと酔いに溺れ
冷めた翌日には悪夢にむせた

希望が降っている
誓いもしない幻影が舞う
歌姫が満たした世界に満たされ
厳冬にも満たない世界は包まれる

甘く口づけを繰り返す世界は
表情を変えながら体を冷やす
問いを与え答えを待つ前に
夢を見た最後が甘美なように

神に祈る明日はどこに
頼りない指先が掴み損ね
生き抜くために見失った世界はどこに
かきわけようとする先の声が欲しい

暖かな日を望む炎に焼かれて
溶けゆく初雪は虚しく
積もる物も溶け散り諦めへ
人生や運命と言う言葉に埋めつつ

去らなければよかったのに
夢が続いていたのであろうに
去り行く姿を恨み辛んで
白く染まった世界を焦がし落とす

甘く広がる舌なめずりは
大地の血をすする声の証
我らが生きた大地が示す
秋を超えて重ねた白の層

どこへ行くのかわからない
見つめる場所はあるのに
あの地面へ着地したいのに
いつも風に流され別の場所

声は出せなかった雪の結晶
巻き込まれ纏われ一つに成れず
空を漂う間に心は凍り果て
諦めに満ちて地に降り積もる

地は敷き詰めて豊かに酔う
甘く緩やかな口づけの場所を
想いも描けなかった匂いへ
我らは降り立ち呼吸する

願いのような溶けゆく声の先は
大地の香りと歌に広がりし焦げ
飲み込み舞う喜びを残す
踏みしめて楽しんでくれたなら

私たちの残した音の感触を
私たちが伝えたい音の浸食を

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
プロフィール
HN:
光野 朝風
性別:
非公開
最新CM
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright (C) 2020 ぽえむーん(コトノハ) All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]