忍者ブログ
名も無き言葉たち 散文 ボツコーナー 掃き溜め場 本家はこちらhttp://poemoon.seesaa.net/
[170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160
きっと過ぎ去った
過ぎ去ったのだろう
過ぎ去ったかもしれない

確認は曖昧に
確信は漠然と
確約は願望で

焼けた野のようだった
一面の枯れ葉は秋の終わり
踏みしめるごとに
死の香ばしい匂い

歌を歌えば葉は舞い上がる
一年を閉じていく伴奏
ステップと破壊音
粉々になった紅葉は果てに

きっとすり抜ける
すり抜けたのだろう
すり抜けてたかもしれない

黙認は自然に
沈黙は漠然と
沈殿はいつの日か

噛んだ小指の血の味だ
一面に肉をばら撒いて終わり
踏みしめるごとに
死の香ばしい匂い

腕を上げれば空は落ちてくる
1つ区切りをつける指揮棒
メロディーと交響曲
迷いを導き命は果てに

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
プロフィール
HN:
光野 朝風
性別:
非公開
最新CM
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright (C) 2020 ぽえむーん(コトノハ) All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]