忍者ブログ
名も無き言葉たち 散文 ボツコーナー 掃き溜め場 本家はこちらhttp://poemoon.seesaa.net/
[155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149

     窓際で君は死んでいた
       青白く眠るように
    光の粒を腐敗の種として
    冷たい瞳は開いたままで
   流れるテレビのニュースを
聞こえなくなった耳に届けている

     感じなくなった皮膚を
    君が飼っていた熱帯魚が
 気がつきもせずになぞっている
     夏の灰は空を切り刻む
      降り注いだ色の破片
    君の死から一日もせずに
   歌うことを忘れてしまった 全てのもの

   君を感情のまま抱きしめる
   薄紅の唇に一番近くなって
  いずれ滅び行く全てのものを
 救えず自分だけ生きながらえた
 後悔の園をナイフで切り分けて
 涙を散らしながら地につまづく

       窓際の君の死体は
         美しいほどで
     風になびくカーテンは
       君の頬をかすめて 君を壊した
  全ては元に戻らず進んでいく
 きっと夢のように現実を捉えて
すべては過ぎ去った時の暗闇へと

  モーターの音が部屋を満たし
    冷蔵庫は動き続けている
  君がやり残した全てのことは
 二度とわからず閉じ込められた
  見渡せば終わりゆく心だけが
    ホルマリン漬けにされて
     あがいた力は空へ帰り 世界は零へ


拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
プロフィール
HN:
光野 朝風
性別:
非公開
最新CM
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright (C) 2017 ぽえむーん(コトノハ) All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]